今日は東京駅近くの会議室で、「猫の繁殖と疾病の予防管理」セミナーが開かれました。
協会の会員を中心に約90名が来場しました。

前半は、猫の繁殖に焦点を当てて、全国ペット協会の副会長で、小動物繁殖の国際的な権威である筒井敏彦先生が講演。
日照時間と猫の発情の関係や、猫の人工授精などについて講演しました。

後半は、(株)コジマの小椋功先生が、猫の疾病と予防管理について講演しました。
猫によくある感染症の原因や対処法などについて解説しました。

講演の最後には質疑応答の時間も設けられ、参加者からは日ごろの業務での疑問などについて多くの質問が寄せられました。

このセミナーは7月20日に大阪、7月22日に愛知でも開かれます。
両会場とも現在受付しておりますので、ぜひご参加ください。

セミナーについてはこちらからご覧ください

IMG_2488.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です