全国ペット協会からのお知らせ

2018年4月

5月25日・東京会場を締め切りました

家庭動物管理士3級の認定試験・講習会ですが、5月25日に開催する東京会場は、定員に達したため、申込受付を締め切りました。
同日開催の北海道、愛知、大阪、広島会場につきましても、お席に余裕がなくなってきております。お早めにお申し込みください。

現在、受付中の試験・講習会概要はこちらから

≫ 続きを読む

休業のお知らせ

当会事務局は誠に勝手ながら、4月28日~30日と5月3日~6日を休業とさせていただきます。
なお、5月1日・2日は通常営業いたします。
何卒よろしくお願いいたします。
 

≫ 続きを読む

ペット愛護募金、105万8155円を送金

全国のペットショップなどで設置頂いているペット愛護募金の2017年度分の送金を行いました。今年の寄付額である105万8155円を公益財団法人日本動物愛護協会に送金しました。皆様のご協力ありがとうございました。「ペット愛護募金」は、人と動物のよりよい共生社会の実現に寄与することを目的に2008年より実施している募金活動です。2018年4月現在、全国283店舗で設置頂いております。

募金箱設置のお願い

募金の流れとしましては年1回、指定期間に参加店舗の責任者の方にお振り込みをお願いしております。設置に関して、費用はかかりません。お申込み頂くと、全国ペット協会より募金箱を送付いたしますので、店頭の目立つところにおいて頂き、お客様へのお声がけをお願いいたします。

≫ 続きを読む

生きた国際希少野生動植物種に関する制度(種の保存法)、6月1日以降に施行

ワシントン条約に基づいて国際取引が規制されている希少な野生動植物について、国内の流通管理を更に強化するため、昨年6月に種の保存法が改正されました。

今年6月1日以降に改正法が施行され、以下の変更点があります。

1.登録の有効期間の導入

・生きた国際希少野生動植物種の登録の有効期限が登録日より5年間となります。

・有効期間の満了の6ヶ月前から個体等登録機関(自然環境研究センター)に更新申請をすることができます。

・すでに登録を受けている生きた国際希少野生動植物種にも、以下の有効期間が設定されますので、ご注意ください。

・更新を行わなかった場合は、登録は失効し、有効期間満了後は譲渡し等ができなくなります。

登録(交付)日 有効期間の満了日
2008年5月31日以前 2019年5月31日
2008年6月1日~2015年5月31日 2020年5月31日
2015年6月1日以降

登録を受けた日から

起算して5年を経過する日

 

2.個体識別措置の導入

以下、生きた国際希少野生動植物種の登録及び更新には、個体識別措置が義務付けられます。

・哺乳綱のうち、水生生物以外・・・マイクロチップ

・鳥綱全種・・・マイクロチップ又は脚環

・は虫類のうち、最大体長が一定の大きさ以上のもの・・・マイクロチップ

・オオサンショウウオ属全種・・・マイクロチップ

 

また、登録を受けることにより、譲渡し等が可能になります。

登録できるのは、①規制適用前に国内で取得した個体等、②関税法の許可を受けて輸入された個体等、③登録された個体同士で繁殖させた個体等。

登録申請の方法は、個体等登録機関(自然環境研究センター)に申請します。登録なしの譲渡しは違法で、厳しい罰則があります。

≫ 続きを読む

国内希少野生動植物種・緊急指定種として53種が追加指定

2018年2月15日までに、国内希少野生動植物種・緊急指定種として53種が追加指定されました。

これにより、国内希少野生動植物種・緊急指定種は、2017年1月の208種から2018年2月に260種へと増えました。国内希少野生動植物種・緊急指定種は「種の保存法」に基づき、個体の捕獲・採取や譲渡し等が原則として禁止されています。今後も追加指定されていきますので、ご留意ください。

「種の保存法」に基づく規制では、捕獲・採取・損傷のほか、譲渡しや譲渡しを目的とした広告・陳列も禁止されています。

 

国内希少野生動植物種及び緊急指定種一覧

http://www.env.go.jp/nature/kisho/domestic/list.html

問い合わせ先

環境省 自然環境局 野生生物課 電話03-3581-3351

 

≫ 続きを読む